無料ブログはココログ

2015年9月28日 (月)

塔ノ岳に登った

山の天気は変わりやすいということで、神奈川県の天気は晴れだったが山は霧で見晴しは良くなかった。

登り:政次郎尾根~塔ノ岳~下り:天神尾根

Dsc_0082m


イワジャクシです。<`ヘ´>調べました

Dsc_0083m

何なんでしょうね菊っぽいですけど…

針葉樹で鬱蒼とした政次郎尾根ですが標高が上がるにつれ広葉樹が増え気分が少しづつ盛り上がります

Dsc_0084


表尾根コースに合流し登り一辺倒だった今までに比べだいぶ楽になりました

デカいアザミです、フジアザミいうらしい(あってるかな?)

Dsc_0086m

Dsc_0087m


お~ついたついた、吹き上げる風が冷たい、霧でなにも見えないつまらん

汗だくシャツを着替え防寒にカッパを着た、ストーブで調理している人もいた暖かい食事がうまそう。

いつもそうだけど移動中は食欲がわかない、水飲みすぎかな?

寒いし、見晴も良くないので30分程で切り上げました。

この後は天神尾根を下ります、ネット調べで荒れ果てているらしいことは承知していましたが、初心者が行く道ではありませんでした、人と気はないし、道があやふや、クマの足跡あるし、足がいう事聞かないしかなり消耗しました。

2015年7月10日 (金)

ウッドガスストーブ

アウトドア用品って便利なものがたくさんあって好奇心がそそられるものがたくさん、でもなんでもお高い。ティッシュ1枚から何チャラというのを自作できないかな~なんてネット検索していたら似たモノ用途でぶち当たったのがコレでした。

ウッドガスストーブ不器用ながら人まね工作しました。

材料は100均用品と空き缶、燃料は廃割りばしで燃焼させてみました。

Dsc_0063m


そうそうメインの排油ポット、最近は100円では買えないみたいだ

Dsc_0064m


ウインナーを焼いてみる

Dsc_0065m


こんがり焼けました~。

ビールもってこい

Dsc_0066m


燃えカスはこんな感じになりました。

2015年6月 3日 (水)

林道偵察3

表丹沢林道を進みます、ゲート内に入るのは初めてです、徒歩なので咎められる事は無いでしょが、人の気配が一切ありませんので野生動物の遭遇が心配です

Dsc_0050m
新規の林道の続きと思しき道が続いていますが今日はもう探索はパスです

Dsc_0051m


↑こんな感じになってるようです

Dsc_0054m


林道標識

Dsc_0055m


お~見慣れたゲートです、なぜかゲートの外から写してしまいました。

Dsc_0056m


んで問題の物件がこちら、道の状態も似通ってるし道の伸びてく方角もいい感じですね

Dsc_0057m


見下ろすとまたまたつづら折れているな

だいぶ下りましたよ

そしたら見事に行き止まってましたよ

あ~来た道をまた登ります、写真なんてとる気も起きませんでした

ゲートから先は寄り道せず来た道をトレースしました。

沢登り集団の車両はなく、静かに家路につきました。

2015年6月 2日 (火)

林道偵察2

地図と違うのはつづら折りにしか上がれない事、今日は二本脚なのでショートカットも出来なくはないですが、危険だし柵があり藪には山ビルがウヨウヨいそうなので胸を張って王道を歩いていきましょう

Dsc_0045m


下を見下ろすと緩やかに登ってますね。

沢の方からは岩が水に転がる音とキャーキャー男の悲鳴が響く…

うるせーヒルに咬まれてしまえ~。

Dsc_0047m


表丹沢林道のガードレールが上に見えてますがなかなかたどり着きません

単調さにうんざりしてます。

Dsc_0048m


え~又折れるの!左は下って細い道、覗き見する気力もなく右に行く

Dsc_0049m


舗装された道に合流しました。表丹沢林道到着

休憩と現在地確認をします。

デポしたKLXの所に戻るには、ゲートより先に行った事がない桜沢林道を下るつもりでいましたが、表丹沢林道合流口まで遠い…では萩山林道はというといったん麓まで下りまた登ってくるようなのでかなりめんどくさい、登ってきた林道を戻る選択が最短の様です。

!(^^)!所々にあった分岐道が萩山林道に出来ている分岐道につながっていないかな~新たな好奇心が湧き萩山林道の方にいってみます。

2015年6月 1日 (月)

林道偵察1

Dsc_0038m


桜沢林道ゲート手前、水汲み場としてにぎわう園地に開通した林道の先はどうなっているのでしょうか?真相を探りに行ってみました。

熱い暑い、当日は沢登りのヤングメン面がたくさん沢を登って行きました。

Dsc_0039m


じゃーん答えはコレでした終了

と、と、とりあえず登ろうか…。

Dsc_0040m


分岐~、右側に流れる沢の方からキャーキャー気持ち悪い声が響き渡る。

「つめて~」「ひょ~」

ハーハーハーこっちは暑い

左行く道は次回行きましょうかね、目指せ上

Dsc_0041m


分岐~右は行き止まり。あついです水分を補給しないと倒れてしまう

Dsc_0042m


ハイ分岐を右行きます。

つづら折りに登って行きます

開拓された林道は日当たり良好です

指写ってら

2015年5月16日 (土)

おー山にのぼる

時短登山にハマってます。

P1040099m


一気にヤビツまで上がってきました

P1040107m


じみ~に登りつづけ景観が開けました。

P1040114m


メインルートに合流、こんな季節ですが人大杉。

P1040103m


山頂に到着、霜溶けでぬかるみがハンパね~。昼食はビジネス街のレストランの如く、食ったらさっさと場所開けて!状態、ソロには厳しい無言のプレッシャー。トイレは使用禁止でした

P1040104m


気になっていた電波塔見学。超アイスバーン転びまくりでした。

野生動物のモノとは思えない野○○が建物裏に。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

埋めとけよ。

P1040113m_2

山頂を後にします、下りはツルツル滑って怖い、アイゼン欲しい。

P1040112m_2
さあ、帰ろう。

2015年4月23日 (木)

お散歩ツー

春のいいところ感じたいツーです。(花粉症です)

M


矢倉沢往還の富士見塚到着

Dsc_0026m


うんうん

こっちに何かあるぞ!

ざーとらしく案内板に促されていってみる

Dsc_0027m


Dsc_0028m


Dsc_0029m


アートでした。

Dsc_0031m


シャガという花らしいです。

写真を撮っても花の名前を知らない事が多いです、調べる事をしないから覚えないのですね、この悪習慣を正しましょうって事で今回はしらべました。

Dsc_0032m


やっぱり春は桜が見たいです。

2015年4月22日 (水)

鉱山跡(秦野市渋沢)

峠の鉱山跡を見に行ってきました。

Dsc_0024m

いきなり怪しい建造物??

Dsc_0023m


荒れ果てた小道を進みます

Dsc_0020m


これで渡るんですかね?ちょっとムリ

Dsc_0021m


きっとあれだね!

Dsc_0022m


変なモノが写りませんように…。

中はこんな感じ

気味が悪いのでこれにて終了

2015年1月28日 (水)

凍えるツー

宮ヶ瀬ダムからヤビツ峠へ抜けました。

ヤビツ峠に近づくにすれ雪景色が広がり、多数のハンターとその車両をみかけました。

いろんな意味でガクブルでした。

Dsc_0040m


宮ヶ瀬のお店に目がとまりました。「カエルの唐揚げ」日本で食べる味はいかに。

Dsc_0041m


Dsc_0042m


滑らないようにしないと。

2014年12月31日 (水)

大晦日2014

朝も早からせっせと山登り!大掃除はどうした?!

P1040081m


P1040082m


標識光って見えません。二ノ塔、三ノ塔を目指します

P1040083m


山荘跡?もしかして伝説のスキー場跡??

P1040084m


先行グループ見えるかな?後ろからも続々と上がってきます、きっと初日の出登山がほとんどなんでしょうね、バックパックがみんなデカい!

バカップルがガヤガヤ五月蠅いので速度をあげます。

P1040088m


二ノ塔着、霜が溶けてぬかるんでいます。行儀の悪いおばさんがテーブルに上がって写真撮影中

P1040090m


P1040095m


三ノ塔着、避難小屋です

P1040092m


P1040096m


この先の塔ノ岳や丹沢山を目指す方々を見送りのんびり下山しました。

帰ったら車くらいは洗っとくかな。

«紅葉アラカルト